元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

世界遺産登録問題で、日本外交無能をあらためて暴露

今回の世界遺産登録問題で、韓国から執拗に強制労働があったと認めろとの脅しが有る中で、先だって、向こうの外相が日本へ来て、問題は解決できた、とのいう報道がなされた瞬間に、これは、とんでもない妥協をしたんだな、と感じた。

案の定、日本政府は韓国の言いなりになって、事実上の強制労働を認めてしまった。首相はじめ官邸・外務省・文科省の責任は全員解雇でも済まないくらい重い。

何と言い繕おうとも、英訳された文章では『against their will』や『forced to work』と明記されている。これを文字通り翻訳すれば「意思に反した労働=強制労働」をforced=強いられた、としか読めない。

第一、今回の遺産登録を目指したものは明治の殖産興業の歴史遺産であり、農業国であった日本が先進国へと成長していく時代のダイナミズムを象徴するものばかりで、朝鮮人労働者の徴用とは何の関係も無い。

私は安倍さんに、「普通の国」を実現させてくれる最後の指導者だと思って声援を送っていたが、ものの見事に裏切られた思いで一杯だ。同感の諸氏もあまたおられるだろう。

覆水盆に返らず。これからは第二の慰安婦問題となって日本の国益を著しく損なうと同時に、日本国民の心をさらに暗澹たるものにさせる、歴史的大愚行であったと弾じて、今夜は怒りの酒でも飲むしか無い。

安心して「むべなるかな」と評価できる政治が行われるようになると期待していたが、昔に阪神の江本が「監督がアホやから野球でけへん」と言った事件を思い出した、まことに不愉快極まりない今回のニュースである。

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top