元気モリモリもりもっちゃん・四條畷市会議員/森本勉公式サイト

マツ・ベイビー様。コメントを頂き、返信させて頂きましたが、貴方様のDNSサーバーからアテナ不明で帰ってまいります。お送りしたかった全文を掲載致しますのでご覧下さい。またコメントを頂いております皆様方もおご覧頂けましたら幸いです。

お早うございます。市会議員の森本です。
貴重なコメントを頂き心より感謝申し上げます。まず誤解しないで頂きたいのは、私自身は「まず東小廃校ありき・南小へ編入・校区再編案肯定ありき」ではありません。今回の流れを整理しますと、児童の減少により教育環境が固定する為に起こる状況に、どうして行くかを議論する審議会設置を市条例に基づき教委が要請したことに始まります。この児童減少については私が議員になるまで以前早くから論じられていたと聞いていますし、日本国全体の問題でもあります。私を含め多くの議員は、条例=法を順守し、教委ならび審議会が市民にとって公平な運営が行われることが、まず重要であると考えています。よって仮に審議会が何らかの答申を出しても、それが全市的に見て不適切と考えるときには教委に対して路線の変更を求めます。条例を制定したのは議会であり、それゆえに審議会・教委の暴走は阻止します。昨年の暮れに我々に教委から、東小・南小の統合案・全市的な校区再編案が提示されました。これは実際、唐突で、このリリースの仕方については市民の誤解を招くとして厳重抗議を四條畷市教委に申し入れました。教委に重大な瑕疵があったと言わざるを得ません。このたび行われた説明会は、あくまでも、決定事項の説明では無く、拙速なリリース(私の印象です)により起こした混乱の中で行われている審議会で議論されている現状を聞いて頂くと同時に、市民の皆様の生の声をお聞きする会と理解しております。さて「お気の毒」と言いましたのは先ほど述べましたように、拙速なリリースにより生じた、あたかも全てが決定されたかの如く感じられた皆様の御心境について申し上げたことです。東小廃校・校区再編=決定事項=お気の毒、と感じられたのでしたら私の拙い文脈のせいでございます。心からお詫び申し上げます。さて我々のおおよその方向性についてお知らせ致します。6月議会ではっきりさせますが、東小・南小の統合については、まず統合の必要性の厳重な審査を議会なりに行います。秋に審議会の答申が出る予定ですが、これとて答申が100%採用されるわけでもありません。校区再編に対しましても検討の撤回ないし無期延期を申し入れることは教育予算の審議権者として十分にありえます。私達は、それぞれの学校に在籍される児童や当該地区での未就学児童にとって、競争原理の働く適正な規模・安全な通学の確保・より学力向上に資する教育環境の実現・自治会と校区を分断させないという大原則などの観点から、具体案を提示する予定です。最後になりますが、私が危惧しておりますのは、あたかも全て決定されたとの誤解が蔓延していることです。我々は、市民不在の勝手な理屈がまかり通ることのないよう最善の努力を払って参ります。最後になりますが皆様の不安が解消できますよう私達も全力で知恵をしぼり行動を起こしているところですのでご理解賜りたく存じます。これから夏に向けてご自愛賜りますようお祈り申しあげまして、頂きましたコメントへのご返事に替えさせて頂きます。また、私の事務所は王将の北50mです。どうぞお気軽にお立ち寄りいただいて、貴重なご意見を頂けましたら幸いです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

森本勉市政事務所

TEL.072-863-1050 FAX.072-813-9030
所在地.〒575-0023 大阪府四條畷市楠公1-9-1

市民相談は毎日お受けいたしております

Return Top